TEL:03-6459-2713
〒107-0062 東京都港区南青山2丁目14−20 B1F

こちらのイベントは終了いたしました!イベントの様子はこちら→https://www.facebook.com/media/set/?set=a.631392803572527.1073741841.555048917873583&type=1

 

トスカーナ州のワイナリー「ラ・カゼッラ社」から、オーナーのアルベルト・ブリーニさんが来日してくださることになりました!ドメニカ・ドーロでは、すべてアルベルトさんのワイナリーで作られた白・ロゼ・赤2種・ヴィンサントのフルラインナップを、それぞれのワインに合わせたお料理と楽しんでいただくディナー会を開催いたします!日本未輸入のワインを含めた貴重な機会です。ワイナリーの紹介も兼ねてということで、カーサ・ブオーナhttp://www.casabuona.jp/ さんのご協力によりとってもリーズナブルな会費で実現できることになりました!

ワイン生産者さんとアットホームにお話をしていただける機会です!当日はワインを輸入されているルカさんの奥さま・陽子さんに通訳をお願いしますので、イタリア語・英語は必要ありません^^是非お気軽にご参加ください!

vinonobile1015
日時:2013年10月15日(火)19:30〜
場所:ドメニカ・ドーロ
東京都港区南青山2丁目14−20 B1F
電話:03−6459−2713
参加費:8000円(税込)

<コース内容(予定)>
・自家製フォカッチャ
・秋イカのマリネ サルディーニャ産カラスミかけ(デオダート・ビアンコIGT 2012)
・自家製ハムのアンティパストミスト(デオダート・ロゼ IGT 2012)
・愛媛産の焼き野菜たっぷりの菜園風 スパゲッティ”オルトラーナ” (ロッソ・ディ・モンテプルチャーノDOC 2011)
・蝦夷鹿のロースト 赤ワインソース(ヴィ-ノ・ノビレ・ディ・モンテプルチャ-ノDOCG 2007リゼルヴァ)
・ヘーゼルナッツのジェラート (ヴィンサント)
・コーヒー

<ラ・カゼッラ社について>
モンテプルチャーノでいち早く有機農法を取り入れたワイナリーです。土着の野生酵母でアルコール醗酵させ、産地の特徴を最大限に生かした質の高い有機ワインを作っています。

<ヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチャーノについて>
トスカーナのブルネッロやキャンティに比べやや馴染みが薄いですが、地元では古くから素晴らしいワインとして愛されていまます。ブドウ品種は、サンジョヴェーゼのクローンのひとつ「プルニョーロ ジェンティーレ」で、モンテプルチャーノのみで作られており、プラムの色と香り、味わいを連想させる特徴を持つことからその名が付けられました。「ノビレ(高貴)なワイン」と呼ばれるようになったのも、その甘い香りと上品な味わいを表しているためです。